facebook twitter

Menu

facebook twitter
日本語
ENGLISH

artgallery MAIKA KOBAYASHIの作品集

Back

二条のきさきのとう宮のみやすんところときこえける時、正月三日おまへにめしておほせことあるあひたに、日はてりながら雪のかしらにふりかかりけるをよませ給ひける

Ancient and modern Japanese poems

春の日のひかりにあたる我なれとかしらの雪となるそわひしき