facebook twitter

Menu

facebook twitter
日本語
ENGLISH

artgallery MAIKA KOBAYASHIの作品集

Back

解放

Liberation

「◯◯はこうでなければならない」「◯◯はこうあるべきだ」という、あらゆる思い込みからの解放。それを実現できるのがアートだと思っています。2018年から2019年にかけて、花魁をテーマにした作品を数作品制作しました。時代の延長線上。同じ国で地球に生まれ落ちた命。「花魁姿」の象徴である丸髷を解き、かんざしや髪飾りが空を舞うように散る流動的な構図に仕上げました。仄暗い歴史からの解放と生まれ変わりを意味している。居場所を追われた者達の居場所として、強く咲き続ける花としてて作品を飾っていただけたら嬉しいです。

I believe that art can free us from all assumptions that “◯◯ must be this way” or “◯◯ should be that way. From 2018 to 2019, I created several works on the theme of OIRAN (courtesans). An extension of the times. A life born on earth in the same country. I have unbuttoned the round topknot, the symbol of the “OIRAN” (courtesan) figure, and created a fluid composition in which ornamental hairpins and hairpins are scattered as if dancing in the sky. It signifies liberation and rebirth from an implied history. I would be happy if you could display this work as a flower that continues to bloom strongly as a place for those who have been forced to leave their place.