facebook twitter

Menu

facebook twitter
日本語
ENGLISH

artgallery MAIKA KOBAYASHIの作品集

Back

デハール城

Kasteel de Haar

「誰か一人に私の世界を奪われるようなことはもう無くなってしまった。誰か一人に私の全てを明け渡すような陶酔はもう無くなってしまった。誰か一人の存在にしがみつくような信仰はもう無くなってしまった。狂ったように泣く夜も掻き毟る痛みも無い。望んでいた境地に立つ私は、悲しいほど空っぽだった。」2018年にこの絵に添えた叙情詩です。

オランダ最大級の城・デハール城(Kasteel de Haar)を訪れた際にインスパイアされて制作しました。